サニーデイ・シンガー

ときめきを忘れないよ

We want to shine! #1

ごっめ~~~~ん!!!!!!!!!

この「we want to shine」とかいうシリーズ、本当は1話1話でいつもの感想記事みたいに書いていくつもりだったの!!でも!!!!!!この継続不得意女には無理だったよ...なんなら1話も書けずに5話放送まで持ち越した女だからもう矢澤にこさん、わたしのこと殴って。
 
そんなわけで現在5話放送後なんですが、わたしが初回ギリ前に上げた記事で「アニメ視聴前のイメージまとめ」みたいなの書いたんですね。そこから感想書いていないんですね!気がついたら初回からは一ヶ月が経ち、Aqoursのメンバーは主人公がギャルゲーよろしく美少女達を立て続けに攻略し続けた結果・6人となり、オープニング曲も発売されていた。これはまずいですよ。なわけで、とりあえず5話見た結果、みんなのイメージかなり変わってきたことを記すためにも第2回印象アンケート結果公開記事です。この後必ず来る3年生過去回とかが終わった後にもまたやりたいなぁ。
 
・高海千歌
▽呼び名:ちかっち
スーパーイケメン。いくらなんでも女の子落とす能力すごすぎるやろ...チート級の素早さと行動力と謎の説得力でガンガン女の子をグループに加入させていく。先代の発起人と違ってカリスマ性が無い自負がある自称・「普通星の普通姫」とかいう意外な性格。当初は、浦の星も廃校決定からなのかなと思っていたけれど、彼女の「μ'sのようにキラキラと輝きたい!」という強い信念で動くAqoursがとても楽しみ。現在ぶっちぎり(※モブ含め)で女たらしなので今後が楽しみですね。
 
・桜内梨子
▽梨子、梨子ちゃん
予想以上に良いキャラしてた。あとでもなんか地味。G'sの頃の「いやわたし地味だから...」みたいな地味の押し売りキャラではなくなっていたのはちょっとさみしいけど、まあG'sって言ってもあの公野櫻子氏なのでそこはまあいい。*1
あと当初完全にレズキャラだと思ってたけど本編じゃそんな様子全くと言っていいほど無くて笑いました。先入観ダメだわ!
ちなみにこの前の印象記事でわたし「動物嫌いそう」って書いてたんですけどなぜか当たりましたね!!!!!しいたけ×梨子は公式が好きなCPです。千歌っちにからかわれて軽い口論をする、あの関係が今までのラブライブには無かった(※初代は喧嘩してもガチ喧嘩)新しい形だと思ってる。ちなみに作曲担当は彼女だったのね...今ではすっかり美術部<ピアノな梨子。
 
・渡辺曜
▽呼び名:曜ちゃん
未だに曜ちゃんが変換で出てこないポンコツスマホなので非常にしんどい。しんどさの極み。そんなことは別にいいんだけど思ってた以上の「千歌ちゃんの嫁は私」オーラがすげえよ!!!!!!!!むしろこっちか!!*2アニメ化前までは微塵も思ってなかった「こんなに仲いいんだ感」ですよ...姉公認かよ。しかも「何かに打ち込んでこなかった千歌ちゃんが本気で取り組むことに協力できる」っていう喜びだけでアイドル活動もしちゃう。やばいな。だからか、千歌ちゃんが折れそうになった時にいちいち「じゃあやめる?」っていうのが彼女のこう、巧さというか嫁さというか、千歌ちゃんと本気で何かに夢中になりたかったんだなって思うと本当に良い女すぎるね...現時点でAqoursの中でぶっちぎって結婚したい。
 
・黒澤ルビィ
▽ルビィ、ルビィちゃん
良い意味で印象変わらなかった。っていうか3話までのもはや鳴き声と日本語、どっちの方を多く発したの?くらいのセリフのインパクトのせいでアレは余計に4話刺さるよな...って思ってる。あまりにも自己主張がなさすぎるせいでマルちゃんにもめっちゃ頼るからなんだろ...って思ってたけどその自己主張の少なさは我が推し・お姉ちゃんこと黒澤ダイヤが原因だったそうで!!!!!いやマジでごめんねルビィちゃん!!!!お姉ちゃんと今まではμ'sが大好きでなりきったりしていたのにある日姉ちゃんμ'sとかもう見たくないからしまえって言うんだもんな...姉ちゃん妹を巻き込むなよ......でもルビィちゃんの加入をさらっと認めたのは意外でした。そんなわけで、4話で株爆上げしたキャラ・1人です。
 
・国木田花丸
▽マルちゃん
オラオラオラ~~お前ら4話見て花丸推しになれよオラァ!!!!!と言わんばかりのエピソードを公式からぶん投げられたせいで好きすぎてしょうがない。見た目は断トツで好きだったけれどビジュアル負けしない良い子&インパクトの強さだなと思う。「ずら」に違和感が無くなってきてるのもやばい。5話の「美少女なのに田舎女」アピールも最高でしたね、パソコン使えない田舎女、推せる要素しかない。あと予想以上にルビィちゃん関連ならあのクソキレキャラの生徒会長だって呼び出せちゃう度胸もあることが分かってこれからのルビマルに期待しかない。クラスで浮いていないか不安がるヨハネちゃんに対しても優しく接していて本当に良い子。でも語り属性あるのは面白すぎる。どんどん詠んでいこう
 
・津島善子
▽呼び名:善子、ヨハネちゃん
堕天使キャラはきついって自覚あるんかーーーーーい!!!!!!!
...いや善子くらいのちゃんとした高校生になると流石にそれくらい考えるか。先代で高3で全く何も疑わずに駆け抜けたとんでもない女*3と何でもかんでも一緒にするなよ!!!!!!!!とんでもなく普通なキャラがまた加わりましたね。一期五話加入メンバー、G'sからのキャラ変壮絶すぎ美少女ばっかなので大変だなぁと思いました。ニコ生主なんかーーい!って所でも笑ったよね。しかもそこそこガチな厨二放送してるのも笑った。ずら丸と仲良さげなのをおじさんは見逃さなかったよ~これからのグループ内での立ち位置が気になる。そして歌が上手い。
 
・黒澤ダイヤ
▽呼び名:黒澤ダイヤさん、ダイヤ嬢、ダイヤちゃん、黒澤姉
なんだお前!!!!!!!!!!!
キャラいくらなんでも盛りすぎだろ!!!!!!!!!公野櫻子氏に「はぁ~~~アイドル????別に容認致しますけれどそんな低俗な文化(笑)に手を出すなんてみなさんよっぽどお暇ですのねウーーーフッフオーーーーッホッホッホッホ!」みたいなセリフで象られていたくせに!!!お前μ's厨かよ!!!!!しかも推しは絢瀬絵里かよ!!!!!ガチオタかよ!!!!イープラスにガチギレしてパソコンぶん投げたのかよ!!!!!!!!???
正直、アニメ化前まではそんなに活躍に期待してなかったけれど完全にギャグパート女(前科:机を思いっきり叩いて手を痛める、机の上に脚を乗せて身を乗り出す、ノートパソコンをぶん投げる)かと思いきや、ルビィ加入回ではお姉ちゃんらしく妹の思いを真摯に受け止めたり、妹がクソ短いスカート履いて活動してるのを見てAqoursを呼び出した後「何履かせてるの!!!!!」とガチギレ(しかも「うちの妹にこんな短いスカートはかせた」と千歌にキレる過保護姉)する、何やら不穏な3年生パートではきっちりシリアスもこなす...って8割シスコンかよ!!!!!!!!μ'sが大好きだった頃、絵里ちゃんコスをしたりして楽しんでいたダイヤちゃんの笑顔がとっても素敵だったので、はやく笑顔が見たい。まだ1度も笑ってない女ですよ。わたしは!!!!アイドルのことを愛してやまない女がスクールアイドルで笑顔を見せる姿を見るのが大好きなんだ!!!!!!シリアスパートでもギャグパートでもキッチリこなす後半の3年生回が楽しみで仕方ない。
 
▽松浦果南
・呼び名:果南ちゃん
ごめんな...まだ登場シーンが少なくて印象の変化語れな...語れるわ!
とりあえず溢れ出るラスボス臭。エッ君ここのPVで見せてた「初期から千歌の味方感」は一体...!?あとまだダイビングスーツ姿しか見られていないのがさみしい。確実に個人回があるので楽しみですね!現時点では闇抱えてそうなお姉さんという印象のみです。次回予告でちらっとうつっていた「復学届」の文字に期待。
 
・小原鞠莉
▽小原さん・マリー
・「ニネンブゥリデスカ」
・BGM「アッアッアッアッアッアン~」
・高校生理事長(物理)
・黒澤ダイヤの胸を揉む(戦犯)
・果南ちゃんに飛びつく(常習犯と判断)
 
この5点だけでもうだいぶバイ女だ。こんなにヤバイスペックと前科抱えながらもシリアスパートに入り込むのうますぎないかおい...あの影の入ったリアルな表情はずるい。まるで3年生が過去になにかあったみたいじゃないか(絶対あった)。この娘だけはあまりG'sと印象変わってないね。スーパーハイテンションもどんどん可愛く見えてくるから不思議。あととにかく演技が最高なのでこのままどんどん加速していって欲しい・期待しているキャラランキング堂々の1位です。
 
 
というわけで!第2回イメージまとめ記事はここまでです。Aqoursも回を追う事にどんどんキャラクターへの印象や好感度が上がっていくのが楽しく、また不思議だなという気持ちでいっぱい。それではまた次回のイメージ調査でお会いしましょう、アディオスアミーゴ!
 
そして今回ももれなくダイヤ贔屓が露骨でごめんなさい!!

*1:わたしは公野櫻子の文章で二次オタ人生狂った

*2:梨子ちゃんがこっちの役回りかと思ってた

*3:矢澤にこ