サニーデイ・シンガー

ときめきを忘れないよ

それなら狼煙を上げにいかないか/「NOROSHI」感想という名の宣伝

 

今年度を締めくくると同時に、怒涛の勢いでファンの熱気をブチ上げた関ジャニ∞の最高の気概と瞬間火力の暴発を死ぬ気で追いかけたい。(激寒)

 

 

・・・わたしが言いたいことは一つだ!!!!関ジャニ∞ニューシングル「NOROSHI」が最高だということ。最高という言葉を今年の冬に使いすぎてしまったのでそろそろ知能の退化防止対策にかわいくて雇用主想いの家事代行サービスの女の子が来てくれ・・・ませんね。せめて部屋に上がって某恋ダンスを踊ってくれる女の子も・・・いませんね。至って簡潔に彼らのことを好きだと思う気持ちを言い表すためには「最高」などと言う単語を容易に使ってしまうことを止められなかった。Oh・・・

というわけでざっくりニューシングル「NOROSHI」について感想書いていきます。そういえばこのブログでまともに関ジャニ∞のことを書いたことがなかったような気もしますね・・・ツイッターで「NOROSHIかっこいい」「斗真のやつ!!!!」「安田くん天才!!!!!!!」ヤスくんプロデュースも亮ちゃんのプロデュースも最高( ; _ ; )」「ふわふわポムポム~」「ねえ銀河見えてこない?ふわふわポムポム」「ふわふわポムポムたゃ~う、うゅ・・・」などの言葉をよく目にしては疑問に思うそこのあなた、これらは全て関ジャニ∞の「NOROSHI」というニューシングルを購入すれば謎が解けます。それでも一応ふわふわポムポムに関しては保険をかけさせてください、聞いても100%理解するのは不可能だと思いますが、聴けば「ああこれは尻から蜂蜜が出る世界観のアナザーストーリーだ」だとか「唐突の異世界RPGとのクロスオーバー」とかなんとか言ってる人たちの気持ちは充分分かるんじゃないでしょうか。もはや正答率2%くらいの問題と同じですね。

 

▽M1 NOROSHI(音源:通常盤・初回A、B収録 MV:初回盤A収録)

恐ろしいほどゴリッゴリのロック!!!和装でも魅せる関ジャニ∞のニューバンド曲

・表題曲でここまでかっこいいバンド曲が来るとは・・・音はベースから作られたということで冒頭はベースから始まり、曲中もひたすらベースラインが目立つ低音寄りの楽曲

・作曲を手がけたのがエイトのバンドメンバーであるpeachさんということで、曲としてのクオリティももちろんだけれどそれに加えて関ジャニ∞をいかにかっこよく魅せるか」ということにも重きを置いてもらえたのかな。そう思ってしまうほど一人ひとりの演奏面での見せ場があるのも大好きな部分。

「守るべきものに守られていた日々に気付くでしょう」の大倉くんの畳み掛けるようなドラムが気持ち良くて大好きなため、オリジナル・カラオケのリピートも止まらない・・・ここのパートで大倉くんが映っているのはMステなんですけど本当にかっこいい。


f:id:miracling:20161210014919j:image

MVだとイントロの一人ひとりの見せ所演奏カットがテンポ良く抜かれていくのも見所です。上の画像は丸山隆平くん(のちのふわふわポムポム開拓神)の手元なのだけれどベース弾いてるまるちゃんの手ってちょっとえっちだよね。残像ですら15歳未満にはあまり見て欲しくない感じするよね。

ちなみにMVでは和装に加えて殺陣シーンもあるんですが、それがまた関ジャニ∞の本気で美しくなおかつ男前・・・プロモーションに使用されていた気がする部分を載せておきます。


f:id:miracling:20161210011658j:image


f:id:miracling:20161210011652j:image


f:id:miracling:20161210011708j:image

う~~~ん君たちは!!!!!!!!!明日の光だ!!!!!!!!!輝き続けてくれ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

本当にかっこいい。ロックと和装の融合に惹かれた方は是非「NOROSHI」の初回盤Aをチェックしてください。

 

NOROSHI(初回限定盤A)(DVD付)

NOROSHI(初回限定盤A)(DVD付)

 

 

▽M2 ふわふわポムポム(音源:初回盤A)

f:id:miracling:20161210015721j:image

 

わたしもだよ、手越さん。

 

きばってこーぜイェイイェイイェイ振り切ってこーぜほら呼ばれてないけどジャジャジャジャジャーンってそれ前向き前向き!青春のあおっぱなぶらりぶらぶらぶらさげがむしゃららら進・・・めるか!

 

 

さすがの手越くんも動揺しますね。もうご存知の方も多いかもしれない「ふわふわポムポム」ですが、作詞作曲を手がけているのは関ジャニ∞のメンバーの丸山隆平くんです。タイトルだけで慄くかもしれませんが、中身はもっともっとヤバい。例えていうならばエレクトリカルパレードの音楽に乗せて関ジャニ∞が空を飛びながら、錦戸くんはラップをしていたり横山くんは「バッキバキ」と唱え、安田くんが「大好きウミウシ~~~(ゆるふわキューティボイス)」と叫んでいる情景。趣がありますね!ちなみに今の例え、実際に「ふわふわポムポム」を体験された方は気付かれると思いますが、何一つ嘘をついていません。

・「ふわふわポムポム」のヤバさとその中毒性についてはとりあえず歌詞を見るのが手っ取り早い。そのあとメロディーを聴きたくなったら「NOROSHI」初回盤Aを購入してください。メロディーの中毒性がエグすぎるのでとりあえず曲を聴いてほしい感じはするけどな。少なくとも初回盤Aを購入すると、超絶かっこいいゴリゴリロックバンドソングの和装PVに約3分強のオール合法ドラッグソングが手に入ります!それに加えて錦戸くんプロデュース「死ぬほどかっこいい本気の関ジャニ∞」が見られることで話題の」バンドセッション映像も入っているよ~~最低でも宇宙が手に入ります。

・そもそもこの楽曲が生まれたきっかけに関しては今年夏に開催されていたアリーナツアーのDVDの特典映像を見るのが一番分かりやすい。

 

関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ(初回プレス仕様) [DVD]

関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ(初回プレス仕様) [DVD]

 

「FFPP」プロジェクト~真夏の丸は罪なヤツ~

最初この字面を見た時、大多数の人が「マルちゃんがアッポーにペンをさしている」想像をしたよね。実際はふわふわポムポム狂気の沙汰って感じ(リズム)なんですけどね。どうでもいいけど関ジャニ「罪と夏の音源初解禁の時も「アモーレ」とドン被って話題になった」∞感あって良いですね。

 

簡単に説明すると「(インフィニティレコーズに頼まれた)丸山くん完全監修☆メンバーとの会話中に何気なく生まれたハッピーワードを取り入れまくってハッピーな曲を作ろう☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..」という企画の末出来上がった楽曲です。

f:id:miracling:20161210023018j:image

手練のエイト担ともなると「ハッピーワード」という単語のクレイジーさに「これは・・・ヤバい・・・」という予想がついている。だから曲中で錦戸くんが「ハピネスハピネスハッピネース!!!!!!!」とか言い出すんですね、納得・・・できるか。そんなわけで、歌詞中に見られる「パンツ自前!!!!!!!!」とか「デビュー当時の~」はすべてまるちゃんが考えたわけではないのです。
 
まるで夢の国を彷彿とさせるメロディー
歌詞の方が話題になるのも分かるのだけれど、まずは曲を聞いて欲しい。イントロが聴こえてくる。「あれっこれエレクトリカルパレードじゃない?」誰もがそう思うことだろう。テケテケ鳴り始め、早速わたし達を夢の世界に取り込もうとする。そこで最初に目撃するフロートが「イチゴ!!!!!ハッピーナイッナナホシテントーーーーー蝉時雨」なんですね。そのフロートの後ろ部分に乗り込むメンバーは二度寝顔がかわいいね!!!!!!!!!」と歌っている。完全に見えちゃいけないものが視界に入り込んでしまっていますね、今すぐ「NOROSHI」初回盤Aを購入して聞くしかない。
 
・余談だけれど、間奏の超物理☆ニコ動コメント弾幕みたいなところで本来のオチ的な部分よりもやすくんの「大好きウミウシ~~~」の方がめちゃくちゃ面白いの本当に悔しさを感じる面白さですごく良いよね。あそこで笑わずに聴けたことない。
f:id:miracling:20161210023147j:image
わたしもだよ、手越さん。

そして「ふわふわポムポム」に関する怪談をします。「ふわふわポムポム」を1度経験してしまうと「ふわふわポムポム」が体内に不足していることに体が耐えきれなくなるのです。体内からチェリーベリーベリーベリーが減ることによって、それよりも強いハピネスハピネスハッピネースを求めようと摂取量が増えてしまうのです。自分でも何を話しているのかわからない。とりあえず「ふわふわポムポム」を聞いてくれって話だったね。よしじゃあみんな、この曲を聴ける方法はなんだったかもう1度確認するよ、せーのでいくよ、せーのっ
 
関ジャニ∞ニューシングル「NOROSHI」初回限定版Aを購入購入

 

NOROSHI(初回限定盤A)(DVD付)

NOROSHI(初回限定盤A)(DVD付)

 

 

 
 
f:id:miracling:20161210023616j:image

 ↑丸山隆平(1983~)「ふわふわポムポム」の作詞作曲を手がけた宇宙の開拓神

 

▽M3 Black of night(初回盤Bに音源&MV収録)
安田くん作詞作曲の楽曲。バキバキの厨二歌詞にダークだけれど綺麗なメロディーライン、そして黒を基調とした衣装に身を包むメンバーがダンスを踊るというもの。安田くん自ら楽曲を製作し、衣装や曲のパート割も手がけたうえ、監督も選び振付師をコンペしたので安田くん完全監修曲とも言えますね。
・この曲はとりあえずMVから見て欲しい。考察はてなブロガー大好きやろ~~~というような作りこまれた世界観が曲の完成度を上げている。わたしは歌詞を読み、MVを見れば見るほど某ゲームの主題歌にぴったりだと思うのだけれど、それはそうとして厨二妄想を読むのとっても楽しいです。
・パート割が最高
パートも安田くんが決めたということで、普段なかなか聞けない錦戸さんのサビ中の下ハモや、冒頭の丸山くんの甘い声を活かしたソロパート、二番では丸山くん同様普下ハモを担当することの多い大倉くんのソロパートなど。曲自体とてもかっこいいので嬉しい。
 
・「謎に包まれたこの物語」「誰が解くことができるのだろう」「いつからか元の世界見失った僕たちは」・・・あれっこれってふわふわポムポムの風刺に聴こえないこともなくもな・・・やめときますか?
 
とってもイケメンでハモりながら歌い踊る関ジャニ∞に興味のある方はぜひ初回盤Bを。っていうかイケメンが見たかったらぜひ初回盤Bを買おうぜ!真冬の俺らは罪罪罪なのさ!!!!!!!!

f:id:miracling:20161210143825j:image

f:id:miracling:20161210144050j:image

 

NOROSHI(初回限定盤B)(DVD付)

NOROSHI(初回限定盤B)(DVD付)

 

 

このシングルの通常盤には「ハダカ(横山・渋谷ユニット楽曲)」や「Winter Love Song」という楽曲も入っていてどちらも名曲となっているよ!よこすばのユニット曲良すぎて「よこすばや ひねものすたり のたりかな」って感じでした。ライブで披露されることになると思うので今から待ち遠しい。ちなみに横山さん作詞の作曲・編曲すばるくんで完全自主プロデュースなのがオタクにとってもたまらない曲だと思います。完全に「俺らがやるならファンはこういうものが観たいと思う」という需要意識のtornとは対照的でどちらもたまらなく良い。

 

そんなわけで「NOROSHI」について思うことをすべて殴り書きしました。殴り書き・・・なぐりガキ??????

 

なぐりガキBEAT(新春特盤)(DVD付)

なぐりガキBEAT(新春特盤)(DVD付)

 

 

 

ゴリゴリのバンドにバキバキのダンス、メンバー主体となってプロデュースをしたことが存分に伝わってくる最高のシングルです。これを機会に関ジャニ∞という狼煙をみんなで上げないか。(極寒)

そして、そんな「NOROSHI」も披露されるであろう関ジャニ∞のツアー関ジャニ’s エイターテインメント」は今日の札幌公演で幕を開けます。ロゴに反して写真がとにかくかっこよかったのも含めて関ジャニ∞に超期待している。合い言葉は関ジャニ∞最高!」 

 

 

 

追記:ネタバレになることを防ぎ、初回盤Aに収録されている錦戸亮完全プロデュースのバンドセッションについては書きませんでしたが本当にかっこいいです。興味ある方はぜひ買ってください~